ルールを持つポケモンの特性が消える!?頂への雪道の効果的な使い方

カード考察

今回は、拡張パック「白銀のランス」に登場する頂への雪道をご紹介します!!

頂への雪道は、特性が強力なルールを持つポケモンには非常に厄介なスタジアムになっています!!

それではみていきましょう!!

スポンサーリンク

①効果

おたがいの場の「ルールを持つポケモン」の特性は、すべてなくなる。

お互いの場のルールを持つポケモンの特性がすべてなくなります。

これまでは特性をなくすスタジアムとして、無人発電所が有名でしたが、これからは頂への雪道へと変わりそうです。

スタジアムの世代交代ですね!!

無人発電所は、対象がGXポケモンだけだったのに対して、頂への雪道はVポケモンも対象に入ってきます!!

ただ、注意しなければいけないのは、お互いの場のルールを持つポケモンが対象なので、自分のルールを持つポケモンも対象になってしまうこと。

②頂への雪道の効果的な使い方

相手のルールを持つポケモンの特性を消せるため、非常に強いスタジアムです。

無人発電所では、GXポケモンだけだったのに対し、GXポケモン、Vポケモンも対象になってくるため、これまで無人発電所が入っていたのを頂への雪道に変更してもいいと思います。

現在でも流行っているミュウツー&ミュウGXや、同じく登場したこくばパドレックスVMAXらへの明確な対策となりそうです。

確実にスタジアムを貼りたいなら、グズマ&ハラで持ってくるのも有効です。

追加で手札をトラッシュしなくとも、スタジアムは簡単に持ってこれるため、相性がいいです。

さらに、ルールを持つポケモンの特性に頼っているデッキには、頂の雪道への対策として、混沌のうねりが採用されるケースが増えそうです。

渾沌のうねりを出されてもいいように、特性【リセットホール】のマーシャドーを採用してもいいかもしれません。

マーシャドーの特性【リセットホール】を使えば、混沌のうねりを出されても確実に頂への雪道を出すことができますよ!!

③関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました