必ずと言っていいほど採用されていたリセットスタンプの現在地。現環境が原因?

コラム

こんにちは、irisです。

今回はリセットスタンプについて書きたいと思います。

「ジージーエンド」で登場したときは、効果が強いと話題になり、それからはデッキに必ず1枚は採用されるほどのカードに。

しかし、最近では採用されないケースも増えてきました。

デッキ構築の中で、1枚も枠が空けれない、ということもありそうですが、個人的には最近の環境も要因になっていると思います。

この記事は、読み物として楽しんでいただければ、と思います。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

①リセットスタンプの強さ

詳しくは、下記の記事を参考にしていただければ、と思います。

とにかく効果が強いです。

昔はNというサポートが同じような効果を持っていました。

しかし、リセットスタンプは同じ効果をグッズで発揮できます。

登場時に話題になるのは納得です。

リセットスタンプの強さ

リセットスタンプは相手がサイドカードをとればとるほど、効果は高まります。

相手のサイドカードが残り1枚になると、相手の手札を強制的に1枚にすることができ、たった一枚のグッズでハンデスをすることができます。

グッズであるので無理なく採用でき、どんなデッキでも終盤ハンデスをすることができます。

ハンデスをすることで起死回生になることもあり、非常に強いですね。

②現環境がリセットスタンプの採用率を下げた?

まずは最近の環境の話を少し。

最近では、環境のトップに三神ザシアン、コズガがいて、対策必死であると思っています。

特に三神ザシアンはチームでも対策してきました。

環境というのは、トップにいるデッキタイプによって戦い方も変化していきます。

個人的に、現環境の中で、リセットスタンプの立ち位置が少し変わった気がします。

リセットスタンプ有効に使えるのは、相手のサイドカードが少なくなった時です。

基本的にピンチである時に使うことが多いと思います。

しかし、三神ザシアンがトップにいる現環境の特徴は、素早く複数のアタッカーがそろえることが可能で、なおかつスピーディーにサイドを取りきることが可能です。

三神ザシアンでいうと、三神の「オルタージェネシス」で取れるサイドーカードを減らし、ザシアンを後ろで育てていき、一気にサイドカードを取り切ります。

このスピード感があると、リセットスタンプを有効に使われる前に、アタッカーがしっかりそろってしまい、盤面が完成してしまうことが多いです。

盤面が完成してしまうと、リセットスタンプでいくらハンデスしたとしても、アタッカーがいるのでそこまでの効果が見込めないです。

もちろん、終盤に相手をマヒ状態にしてスタンプを使い、いれかえ手段を引きにくくした状態で逆転を目指す、というような場合は有効だと思いますが、スピーディーに攻撃してサイドを取りきるデッキの場合は、そのスピード感を出せるカードの採用を少しでも多く採用するため、リセットスタンプの採用を見送る場合が多くなっている気がします。

採用できる枠があればいいですが、最近デッキ構築をするうえで、わたしも採用を見送る場合が多くなっています。

③最後に

今回は、デッキを構築していく中で、リセットスタンプを最近採用していないな、と思い記事を書かせていただきました。

上述した通り、最近リセットスタンプを採用する率が減ってきているとは感じますが、それでもほしい場面はあるので、できれば採用はしたいですが、とにかく枠がない・・・。

結構お世話になったカードなのでその理由を自分なりに考察してみました。

現環境を見つめなおすキカッケにもなったのは収穫です。

これからも、暇なときに読んでいただける読み物として記事を投稿していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました