がんじがらめが意外と大活躍!?セキタンザンでエネルギー加速して攻撃!!オトスパスVデッキ!!

デッキレシピ

こんにちは、irisです。

今回は、前回気になるカードであげさせていただいた、オトスパスVを使ったデッキを組んでみました。

なかなかいいデッキに仕上がったので、是非一度組んでみたいただきたいです!

それでは、ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

①コンセプト

とにかく、オトスパスVを活かすデッキ構築を目指しました。

オトスパスVは、火力は低いものの、相手の妨害をできるワザと、コイントスにはよりますが火力が220にもなるワザをもっています。

今回のデッキでは、まず安定して220ものダメージを出せるように考えました。

さらに、想定デッキとして、ムゲンダイナVMAXクワガノンV三神ザシアンコンボザシアンを念頭に組んでいきました。

特に三神アシアンは絶対に対策しなければいけないと思っています。

このデッキを組む際に、オトスパスVに加えて三神ザシアン、コンボザシアンにある程度やれる相棒ポケモン、そしてオトスパスVを動きやすくするポケモンを考えて構築を進めました。

その結果、セキタンザンの特性【タールジェネレート】でのエネルギー加速と、キュウコンVを選択しました。

【タールジェネレート】でのエネルギー加速を考えているので、炎タイプは採用しやすく、三神ザシアン、コンボザシアンは対策しやすいです。

②採用カード

オトスパスV/3

このデッキのエース。

多めの3枚採用しています。

序盤から【がんじがらめ】で相手にプレッシャーをかけて妨害しつつ、セキタンザンでエネルギー加速をして【ムーンサルトプレス】をガンガン撃っていきます。

【がんじがらめ】の妨害は、相手にポケモンを入れ替えられてしまえば効果を解除されてしまうものの、相手は無駄にポケモンを入れ替えるという動作を要求されます。

いれかえソースがそもそもなければ、ロックできるので使っていてなかなかよかったです。

タンドン・トロッゴン・セキタンザン/4-1-4

特性【タールジェネレート】でオトスパスVのエネルギー加速をサポートできます。

他にも、相手にジュナイパーチルタリスが入っている場合はアタッカーとして活躍できます。

ワザ【やきなだれ】はディアンシー♢がベンチにいる場合は、一撃で持っていくこともできます。

キュウコンV/1

ワザ【きゅうびへんげ】で弱点込みでザシアンVを見れます。

ただ、相手に鋼鉄のフライパンがついていれば、一撃で持っていくことは難しいです。

溶接工が採用されていない関係上、後攻1ターンで溶接工から【きゅうびへんげ】はできないのも痛いですが、ザシアンV系統のデッキ以外でもやれる場合があるので非常に可能性のあるカードです!

バイウールーV/1

最大火力は相手がサイドカードを5枚取ったときの270ダメージ。

タッグポケモンも一撃で持っていけるので終盤は活躍できそうです。

特性【やわらかウール】も優秀で、オルタージェネシス下でなければザシアンVに一撃で落とされることはないです。

ヤレユータン/1

特性【さるぢえ】で、デデンネV、博士の研究で落としたくないカードを救済することができます。

デデンネGX/2

特性【デデチェンジ】で一気に手札をリフレッシュし、セキタンザンを早くベンチに一体だしたいです。

セキタンザンは1体でればいいので、その一体を揃えるために山札を早く掘り進めるカードは多めに採用しています。

ディアンシー♢/1

闘タイプの火力調整役として有名ですね。

ディアンシーがいれば見れるポケモンが多くなるので、是非採用したいところ。

ルミナスメイズの森を採用している点で、格闘道場が採用されていないので格闘道場による火力アップは望めませんが、ディアンシーでも見れるポケモンは割と多い気がします。

マーシャドー/1

特性【リセットホール】で相手の混沌のうねりを破壊し、安全にルミナスメイズの森を貼ることができます。

アブソル/1

特性【あくのはき】で相手の妨害をします。

オトスパスVの【がんじがらめ】で相手はポケモンを入れ替えたい場面が多いので、そこにも刺さりますが、コンボザシアンのようにある程度ジラーチでクルクル回したいデッキにも刺さります。

最近の環境では1枚入れておいても損はないかな、と思います。

トレーナーズ

スタジアム

ルミナスメイズの森を多めの3枚採用にしています。

この関係上、格闘道場は採用されていませんので、そこは念頭において戦う必要があります。

オトスパスVを使うならバンバン220ダメージだしたいですよね・・・。

グッズ

クイックボールは安定の4枚、セキタンザンを早めに進化させるうえで必要なふしぎなアメも4枚採用。

ポケモンいれかえは3枚、ポケモン通信しんかのおこうはそれぞれ2枚ずつ採用。

タフネスマントは、ザシアンVの攻撃を一回はこちらのVポケモンが耐えて欲しいので2枚採用。

終盤に逆転の一手となりやすいリセットスタンプも1枚採用しています。

サポート

2進化ポケモンを採用している関係上、博士の研究はつかいにくいとは思いましたが、セキタンザンは1体でもたてばいいと思っているので、早く山札を掘り進めたいので博士の研究を4枚採用。

さらにシロナも2枚採用しています。

ボスの指令は2枚採用。

個人的に信頼しているワタシラガVは採用できなかったので、大切に使いたいところです。

エネルギー

今回は、先にエネルギー以外のカードを詰めていき、最後に残った枚数をエネルギー枠として、炎、闘の割合は最低限必要な枚数にしています。

今回は採用していないカード

火打石

早めに山札から炎エネルギーを取り出し、トラッシュしなければ【タールジェネレート】でのエネルギー加速はできないので、火打石はその点で相性がいいです。

採用の価値は存分にあると思っています。

巨大なカマド

格闘道場と同じく、ルミナスメイズの森を採用しているので、巨大なカマドは不採用。もしエネルギーを持ってくる手段が欲しいと思ったら、カマドよりも火打ち石でいいと思います。

ストーン闘エネルギー

採用したいな、と思いましたが【タールジェネレート】でエネルギー加速できる確率を少しでも上げておきたいので基本エネルギーのみにしました。

1枚ストーン闘エネルギーを貼っても、オトスパスVは仮想的であるザシアンVの【ブレイブキャリバー】を耐えることができません。

2枚のストーン闘エネルギーを集める余裕はないと思いますので、タフネスマントで耐えることを考えたほうがいいかと思います。

ツールスクラッパー

仮想的であるザシアンVに鋼鉄のフライパンがつくと、こちらのポケモンでは一撃で倒すことが難しくなります。

なので、ツールスクラッパーでフライパンを剥がす手段はもっておきたいところです。

③デッキの運用

序盤はオトスパスVで相手に嫌がらせをしつつ、ベンチにセキタンザンを立てることに専念しましょう。

セキタンザンの【タールジェネレート】でエネルギー加速をする都合上、エネルギーはトラッシュにどんどん送っていけるので、クイックボールなどでトラッシュにエネルギーをためていきます。

セキタンザンが1体でもたてば、こちらのアタッカーは【タールジェネレート】+手貼りでワザが使えます。

ただ、ボスの指令で狙われる可能性も考慮し、2体は並べておきたいのが理想です。

セキタンザンがたてば、ルミナスメイズの森を貼ってオトスパスVでどんどん攻撃していきましょう!!

オトスパスVで攻撃するうえで、相手のデッキタイプから判断し、ディアンシー♢の火力アップは必要か考慮し、必要でなければださないでおきましょう。

ベンチは割と圧迫しやすいので、必要なポケモンの判断は重要になってきそうです。

④デッキを使ってみて

まず初めに思ったのが、意外とオトスパスVの【がんじがらめ】の嫌がらせ性能が効く、という点。

相手はポケモンをいれかえれば、ワザを使うことができないという効果を解除することができるものの、いれかえという余計なムーブが必要になってきます。

そもそも、いれかえ手段がないといけないのも、結構つらそうでした。

アブソルを出せば、序盤であればエネルギーを切って逃げる、という選択肢もある程度けん制できるので、そこも強かったです。

ただ、ムゲンダイナVMAXのデッキに関しては、【がんじがらめ】でロックした次のターンでムゲンダイナVMAXに進化されてしまうというケースも多く、弱点込みの40ダメージ乗せるだけでうまみがあまりない、ということも多かったです。

セキタンザンは意外と早く立てることができていたのは好材料でした。

ただ、一つの問題は、所詮ルミナスメイズの森を貼ったとしてもダメージが220で確定できない点でした。

コインをやり直しても、ウラが出続けるときはあります。

なので、220ダメージ出さないと倒せない、という場合は、どうしても不確定要素の上でのプランニングとなってしまいます。

個人的に不確定要素で動くのはあまり好きではないので、この点は窮屈でした。

あと、気軽に最低打点を+10できる格闘道場がないのもつらい場面がありました。

ルミナスメイズの森を1枚くらい削って格闘道場に割くのもいいかもしれません。

ツールスクラッパーがないと、ザシアンVを一撃でもっていけないことがあるので、1枚は採用してもいいかもしれないです。

三神ザシアン、コンボザシアンともにすごいスピードでゲームを展開してくるので、そこに少しでも抗うにはこちらは決してスピードダウンできないので、一撃で持っていける、というのは非常に重要な点だと思います。

なので、フライパンのケアは必要です。

ただ、こちらもタフネスマントがありますし、バイウールーVなら特性込みでザシアンVの攻撃(オルタージェネシスは無理です)は耐えることができます。

なので、うまく立ち回ることができれば、ザシアンV系統にもある程度は戦うことができそうです。

流行デッキの中の、ムゲンダイナVMAX系統、クワガノンV系統には弱点を突けるので勝ちは拾いやすい点はいいかなと思います。

⑤最後に

今回は、気になるカードとしてオトスパスVをあげたので、せっかくだし作ってみよう!というノリで組みましたが、意外と戦えるデッキとなりました。

コイン運も必要となりますが、ポケモンカードを楽しむうえでは、コイントスは面白い要素であると思うので、使っていて楽しいですし、コイン次第では盛り上がります。(笑)

オトスパスVのファンデッキではありますが、ある程度の環境デッキを見れるようになっていますし、ある程度のデッキパワーは確保できていると思っています。

是非一度、オトスパスVの強さを体感してみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました