驚異の速攻性能!!コンボザシアンデッキとは!?

デッキレシピ

こんにちは、irisです。

今回は、三神ザシアンとは違い、ザシアンV系統のデッキの一つ、コンボザシアンをご紹介します!

デッキタイプとしてみれば、非常に強く、早いターンで決めにいく速攻タイプのデッキと言えます。

それでは、解剖していきましょう。

スポンサーリンク

①コンボザシアンとは?

そもそもコンボザシアンとはなんでしょうか?

三神ザシアンとの違いも同時にみていきましょう。

コンボザシアンは、アタッカーをザシアンVに絞り込んだデッキタイプになります。

そのザシアンVのほかに採用されるのが、ジラーチ♢とバリヤード、ヤレユータンを組み合わせたギミックです。

ザシアンの速攻性能に合わせて、一気にサイドを取り切ります。

ほとんどの場合5ターン以内での決着となります。

三神ザシアンとの違いは、なんといっても三神の【オルタージェネシス】に頼らないところです。

【オルタージェネシス】を撃つターンが少ないので、その分速攻が可能です。

ジラーチ♢のギミックもあるので、採用カードもかなり三神ザシアンとは違います。

②採用カード

ポケモン

ザシアンV/4

このデッキのメインアタッカーになるので4枚採用。

先攻で場に展開できれば非常に心強いです。

特性【ふとうのつるぎ】でのドロー効果&エネルギー加速はやっぱり強いです

ワザ【ブレイブキャリバー】は230もの火力を誇りますが、連発するには毎ターンベンチと交代する必要があります。

そのため、このデッキにはたくさんのいれかえソースが入っています。

デデンネGX/1

特性【デデチェンジ】で一気にドローできるのはやはり強いです。

ただ、コンボザシアンの場合は、ジラーチが仕事をしてくれるので、1枚にしています。

ワタシラガV/1

個人的に非常に信頼しているカードの1枚。

トラッシュに欲しいサポート(主にボスの指令)が落ちてさえすれば、特性【ハッピーマッチ)で回収し、すぐに使うことができます。

序盤に博士の研究や、デデンネGXでどうしてもトラッシュしなければいけないときに強気にトラッシュできるのも魅力的です。

ジラーチ/3

特性【ねがいぼし】のサーチが非常に強いです。

このデッキは、ザシアンVがワザを連発するため、ポケモンの入れ替えが毎ターン必須となります。

ジラーチがベンチにいれば、ザシアンVを後ろに戻し、ジラーチの特性を使い、またザシアンVをバトル場に戻す、といった動きが取れます。

【ねがいぼし】でサーチしたいのは、基本的に回収札(回収ネット、ポケモンいれかえ)になるパターンが多いと思います。

ヤレユータン/2

特性【さるぢえ】の効果により、ジラーチ♢のギミックを成功させるパーツとなります。

ギミックを遂行した後も、【さるぢえ】は非常に使える特性であると思っているので、ベンチにいて頼もしい存在です。

バリヤード/1

ジラーチ♢のギミックを成功させる一枚。

詳しくは、ジラーチ♢でご説明させていただきますが、特性【パントマイム】がなければ成功は非常に難しいので、必ずジラーチ♢とセットで入ってきます。

しっかりギミックを遂行できたら、基本的出番はないので回収ネットで回収してしまいましょう。

ジラーチ♢/1

特性【ほしにねがいを】でこのデッキのサイドを取るスピードを一気に加速します。

使うには要求札がなかなか多いですが、しっかり決めて速攻で決着をつけにいきたいところです。

手順としては、

①ヤレユータンの特性【さるぢえ】で山札のトップにジラーチ♢を置く

②バリヤードの特性【パントマイム】でサイドカードと山札のトップに固定したジラーチ♢を入れ替える。

③サイドカードを取る際、ジラーチ♢を回収し、さらに一枚サイドカードが引ける

という、なかなか複雑なギミックですが、そもそもヤレユータンはドロー要員としてベンチに展開しておきたいので、要求札はバリヤード、ジラーチ♢のみのような感覚です。

非常に強いギミックで決まると気持ちいいです。

クチートGX/1

主な仕事は相手が手札に抱えているデデンネGX、クロバットVらの強力なドローシステムポケモンを無理やりベンチに出させ、特性を使わせない&サイドカードを取りきるエサとします。

マーシャドー/1

特性【リセットホール】にて相手に強力に働くスタジアム(主にサンダーマウンテン)を破壊する要因です。

このデッキにはスタジアムをサーチするカードがないので、クイックボールでサーチできるマーシャドーを採用しています。

早い段階からベンチに展開しておいても、相手はすぐに攻撃準備が完了してくるザシアンVのほうをケアしなければならず、マーシャドーを倒すメリットがないのでボスの指令などで呼び出される心配もほとんどありません。

場にスタジアムがあれば好きな時に退場できるのも強みです。

トレーナーズ

スタジアム

今回はスタジアムの採用はありません。

グッズ

基本的にザシアンVのワザを連発したいのと、ドロー要員としてジラーチを採用しているので、回収ネットポケモンいれかえは4枚ずつ採用しています。

さらにジラーチとセットでエスケープボードも一枚採用。

クイックボールはたねポケモンで採用したいポケモンが多いので安定の4枚採用です。

メタルソーサーはザシアンVの攻撃準備を劇的に早めるために必要であるので4枚採用。

リセットスタンプは安定の1枚採用で、このデッキはデデンネGXを狙うことが多いのでグレートキャッチャーを採用し、サポート権がかぶりボスの指令が使えない場合でもデデンネGXを狩れるようにしています。

鋼鉄のフライパンは、三神ザシアンとともにザシアンVのデッキが流行っているので炎タイプも増えてきています。

そこに無抵抗なのはつらいので採用しています。

ポケモン通信は少しでもジラーチ♢のギミックを実現させるため、ポケモンサーチ手段を入れておきたいので採用。

ジャイアントボムは相手にプレッシャーをかけ、ダメージソースになるので採用。

VMAXポケモンに対しても10点乗れば【ブレイズキャリバー】で230点、合計で330点乗せることができるので強いです。

サポート

ザシアンVで常に相手を倒し、早期決着を目指すので相手のポケモンを引きずり出せるボスの指令は3枚と多めに採用。

博士の研究は、ヤレユータンの特性【さるぢえ】で捨てたくないカードを戻せるのもあり、3枚と多めに採用しています。

マリィは相手の手札が多いときに撃てるので2枚は採用。

ソニアは、ジラーチ♢のギミックは三枚のたねポケモンを必要とするので、そこのうち2枚をサーチできるのは強いので採用しています。

エネルギー

ザシアンVの特性【ふとうのつるぎ】でエネルギーを引ける確率を少しでも上げたいので多めの12枚を採用しています。

不採用となったカード

ザマゼンタV

一枚入れておけば、相手のVMAXポケモンへの対策となります。

ワザも、最近では特殊エネルギーが採用される場合が多いので、その特殊エネルギーを破壊できる点で優秀です。

しかし、コンボザシアンは相手のポケモンをかわすよりも、先にサイドカードを取りきるのが目標であるので今回は不採用となっています。

タフネスマント

鋼鉄のフライパンとの選択となると思いますが、今回は弱点も克服できる鋼鉄のフライパンを採用しました。

混沌のうねり

相手の有利に働くスタジアムを簡単に貼らせません。

採用は全然ありだと思いますが、速攻で試合を決めたいコンセプトの中ではマーシャドーに任せて他に枠を使っています。

③コンボザシアンの運用の仕方

コンボザシアンの強みは、先攻でも後攻でも強さを発揮することです。

ただ、先攻を取ったほうがいいです。

先攻を取ると、先2でブレイブキャリバーを撃てる確率は上がりますし、サポート、ワザが使えない先攻1ターン目において特性【ふとうのつるぎ】でドロー&エネルギー加速ができるのは非常に強い動きです。

このデッキにはヤレユータンもデッキに採用されているので、特性【さるぢえ】で山札のトップに手札から鋼エネルギーを置き、【ふとうのつるぎ】で確実に1枚は加速できるようになるのも強いです。

序盤からザシアンを育てつつ、ジラーチ♢のコンボの準備も進めましょう。

ジラーチ♢をサイドに送るのは早ければ早いほどいいので4、できるだけ早めにサイドに送り、不必要になったバリヤードは回収ネットで回収してしまいましょう。

そのために、早めに山札を確認し、それぞれのパーツがサイドに流れていないか、しっかり確認しましょう。

あと、ジラーチ♢のコンボはベンチに空きがないと使えないので、そこは注意しないといけません。

理想の盤面は、ザシアンV2体、ヤレユータン、ジラーチを盤面に並べておきたいところ。

ザシアンVをうまく入れ替えながら戦うデッキなのですが、ザシアンV→ジラーチ→ザシアンVの流れを作って、ジラーチの特性【ねがいぼし】をうまく挟んで入れ替えソースを引いていきたいです。

いれかえソースは、基本的にジラーチは回収ネットで、ポケモンいれかえはザシアン用に取っておきます。

ザシアンVは、ワザを連発するのにベンチに一度下がらないといけないので、いれかえソースは毎ターン手札にあるのが望ましいです。

ベンチに並べたいポケモンがたくさんいるので、デデンネGX、ワタシラガVを並べるときは注意が必要です。

デデンネGX、ワタシラガV共に回収する手段がなく、ベンチを圧迫しかねません。

ベンチ管理は常に意識したいところです。

ジラーチ♢のコンボが完成すれば、サイドを取りきるために5枚分取れればいいので、非常にハードルが下がります。

後半は、ボスの指令、グレートキャッチャーで確実にサイドをとっていきましょう。

相手は、三神のオルタージェネシスを使わない限り、最速でもザシアンVを3体とって6枚、計3ターンかかります。

こちらはその前に6枚取りきらないといけないので、サイドプランはしっかりたてましょう。

実はこのサイドプランがこのデッキのキモになると、個人的には思っています!!

④各デッキとの対戦

三神ザシアン

相手は可能な限り【オルタージェネシス】を狙ってきます。

しかし、後攻1ターン目にオルタージェネシスが成功したとしても、1ターンは費やすこととなります。

こちらは先攻をとれれば、かなりの確率で先2で【ブレイブキャリバー】を撃つことができるので、先に攻撃していくことが可能となります。

逆に、【オルタージェネシス】を撃たれた直後に攻撃していけないと、少し難しくなるかな、という印象です。

最悪オルタージェネシスを撃たれても、焦らずサイドプランを構築します。

正直、オルジェネ込みでも火力が180にしか伸びない三神よりも、ベンチで育っているザシアンVを倒して相手を妨害しつつ、サイドを取っていきたいところです。

オルジェネ後は、相手からすれば2体のザシアンVを取れれば勝てるわけですが、ザシアンVのミラーは、お互いが基本的には一撃圏内となります。

ただ、相手はこちらの攻撃を大きなおまもりなどを貼れば耐えれるのに対し、オルジェネ後は260にもなる相手の火力は抑えることができません。

なので、こちらには猶予がないです。

オルジェネを相手が撃ったターンの返しは絶対に無駄にせず、確実にベンチのザシアンVを狙いたいところです。

理想のサイドプランは、ザシアンV、三神を取り、ジラーチ♢のコンボを決めて取りきることなので、しっかりとジラーチ♢は早めにサイドに送りましょう。

相手としても、よっぽどのことがない限り、ベンチのヤレユータンを取っている余裕はないハズなので、あとはバリヤードとジラーチを手札に引き込むだけで完成してしまうので、どの対戦でもそうですが、早めにヤレユータンはベンチにだしましょう。

個人的に、三神ザシアンとはほぼ互角にやりあえるのではないか、と考えています。

ムゲンダイナ

ムゲンダイナとも互角以上に戦えると思っています。

ムゲンダイナVMAXは、基本的に先攻を取り、先2から殴ってくるイメージです。

【ドレッドエンド】は場に8体で240ダメージとなり、ザシアンVが1撃で飛ぶラインとなってしまいます。

鋼鉄のフライパンを貼れたとしても、最大打点である270点を出されると、結局1撃ラインに入ってしまいます。

ただし、これだけの火力を出すために、相手のベンチにクロバットVが展開される可能性が高く、そうなった場合、こちらのターゲットが増えます。

こちらとしては、ムゲンダイナVMAX1体、クロバットVを取れれば、ジラーチ♢のコンボと合わせて6枚取りきることができます。

ただし、相手も一撃ラインに早い段階で火力を出してくるので、途切れないように攻撃し、最短決着をつけたいところです。

ムゲンダイナさえしっかり倒すことができれば、ジラーチ♢のコンボの用意ができた時点で王手がかけれるので、途切れないように攻撃しながらも、必要なカードは早め早めの用意を!!

クワガノン

強力なグッズロックを早い段階から実現してくるクワガノンVをメインとしたデッキ相手には結構苦戦します。

メタルソーサーというエネルギー加速手段が奪われるので、非常にしんどい対面ではありますが、うまくジラーチやヤレユータンでサポートカードを引き、ザシアンVで戦うしかないです。

ただザシアンVは【ふとうのつるぎ】で一気にエネルギー加速できる可能性もありますし、ジラーチ♢のコンボはソニアで楽にそろえることができるのでそこまで不利ではないと思っています!

⑤コンボザシアンへの対抗策

逆にコンボザシアンとの対戦には何を意識すればいいでしょうか?

このデッキのアタッカーは、ザシアンVであるので、個人的にザシアンVをイイタイミングで倒すしかないと思っています。

ジラーチ♢のコンボは確かに強力ですが、そこを崩すためにヤレユータンを狙うのはあまりおいしくないかもしれません。

ヤレユータンを落としても、その返しにザシアンVの攻撃がとんでくるのであれば、結局こちらのアタッカーが先に倒されてしまいかねません。

できれば、ザシアンVを狩り続け、できれば1ターンでも相手が攻撃してこないターンを作ることです。

エネルギー破壊も有効な手段かと思いますが、メタルソーサーもあるので、完全とはいえません。

とにかく攻撃準備のできたザシアンVを取り続けることが一番の対抗策であると、個人的には思います。

⑥最後に

高火力&速攻が可能なデッキタイプで単純に強いデッキですので、勝ちにこだわるプレイヤーにはおすすめのデッキです。

サイドプランが非常に優秀で、いかに早くフィニッシュするかを常に考えてプレイするといいと思います。

この記事を書いている時点で、新しい特殊エネルギーではがねタイプには強いエネルギーであるコーティングイはがねエネルギーがアナウンスされました。

はがねタイプのポケモンに貼れば、そのはがねポケモンの弱点がなくなります。

このエネルギーの登場で、鋼鉄のフライパンから、タフネスマントへの変更もありそうです。

ザシアンVの特性【ふとうのつるぎ】は特殊エネルギーは対応していませんが、2枚ほどでも採用しておくと、炎タイプにも強くでれるようになるので、個人的には採用したいです。

はがねタイプの優遇はしばらく続きそうですね!

是非、このコンボザシアンのスピード感を試してみてください。

※関連記事

タイトルとURLをコピーしました