後1オルタージェネシスの恐怖!?環境トップクラスの三神ザシアンを徹底解剖!!

デッキレシピ

こんにちは、irisです。

今回は、ポケモンカードゲームの現環境において、個人的に最も強いと感じる構築である三神ザシアンを考察していきたいと思います。

三神ザシアンは、使用率も高く、たくさんの方がレシピをアップしているので、レシピ自体には新鮮さはないかもしれませんが、レシピを見ながら考察していきたいと思います。

私の所属するチームで回している三神ザシアンはやることがとてもシンプルなので、初心者の方でも何度か回せばある程度勝てるようになると思います。

やはり構築自体が強いのと、カードパワーがハンパじゃないです。

環境トップと言われるのも納得です。

スポンサーリンク

①コンセプト

今回のレシピでは、とにかく後攻1ターンでアルセウス&ディアルガ&パルキアGXの【オルタージェネシス】を追加効果ありで決め、後続のザシアンVでとにかく攻撃していくことを目標としていて、それを実現、そして可能性を上げるカードで構成されています。

後攻1ターンで【オルタージェネシス】を成功させれば、かなりのアドバンテージを得ることができるのですが、この三神ザシアンという構築は、メタルソーサー、エネルギーつけかえ、レックウザGXでその動きを高確率で実現できます!

後1オルジェネが決まってしまえば、あとは後続のザシアンVで戦っていければ、早ければ3ターンほどで勝負がついてしまうほどの速攻を可能にするので、連戦を強いられるCLでは使いやすいかもしれません。

万が一、先攻になってしまっても、ザシアンVがいる都合上、特性の【ふとうのつるぎ】でドロー&エネルギー加速を実現できる可能性がありますし、三神がでて、エネルギーを1枚貼れば、先攻2ターン目でオルジェネを追加効果ありで安定して狙うことができます。

ミラーでなければ、追加効果ありでオルジェネを決めてしまえば、サイドを多く取れる分、有利になれる可能性は十分あります。

とにかくこのデッキは早い段階で【オルタージェネシス】を決めることに寄せているので、是非狙っていきましょう!!

②採用カード

ポケモン

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX/2枚

このデッキのキーカードと言っても過言ではないと思います。

とにかく【オルタージェネシスGX】が強すぎます。

先攻2ターン目、後攻1ターン目で【オルタージェネシスGX】を決めてしまえば、圧倒的有利となります。

さらに、【アルティメットレイ】でオルジェネの追加効果により、180ダメージを与えながらエネルギー加速をできる点は壊れ性能であると思います。

ザシアンV/3枚

安定を意識して3枚採用になっています。

このデッキのアタッカーとなります。

オルジェネ追加効果ありの場合、火力が260になるのでVポケモンはほとんど一撃で倒せると思います。

オルジェネの追加効果があれば、Vポケモンを取れば、一気にサイドカードが3枚取れることになるので、無理をしてVMAXポケモンや、タッグチームを取りに行く火力を出さなくてもいいので、十分だと思います。

ザシアンVの強さは、先攻を取ってしまっても、特性【ふとうのつるぎ】でドロー&エネルギー加速ができる点です。

さらにメタルソーサーもあるので、すぐに攻撃準備にはいることができます。

ザマゼンタV/1枚

相手の盤面がvMAXポケモンだらけになったときに大活躍してくれます。

地味に、現環境は特殊エネルギーが採用されることが多いのでワザ【アサルトタックル】が刺さることも多いと思います。

クロバットV/2枚

このデッキは手札に来てすぐに使用するカードが多く採用されているため、手札の枚数がすくなくなることが多いです。

そのため、クロバットVを2枚採用しています。

特性【ナイトアセット】は手札が6枚になるように山札からドローできるので、デデンネGXと違い、必要なカードは残せるのが強いと思ったのでデデンネより多めに採用しています。

個人的に、HPが180でデデンネより終盤負け筋にならない、とうのも気に入っています。

デデンネGX/1枚

とにかく山札を掘り、早い段階でオルジェネを追加効果ありで使いたいのでデデンネGXも採用。

終盤負け筋になるのはご愛敬です(笑)

レックウザGX/1枚

特性【しっぷうどとう】でエネルギーをつけ、エネルギーつけかえにより早い段階でのオルジェネの可能性を引き上げてくれます。

メタルソーサーと違い、水エネルギーも対応しているので、手札に水エネルギーを抱えた状態でデデンネGXや博士の研究なども強気で使うことができるようになります。

ワタシラガV/1枚

特性【ハッピーマッチ】が個人的に強いと思っています。

トラッシュに使いたいサポートがあれば、クイックボールでワタシラガをサーチし、すぐに使うことができるのは魅力的です。

このデッキは、追加効果ありのオルジェネを撃てば、相手のシステムポケモン(デデンネGX、クロバットVなど)を2体取れれば勝てるので、ボスの指令が欲しくなる盤面が多いので、一度ボスを使い、2度目にワタシラガサーチからボスという流れで勝てるゲームも結構あります。

ジュラルドン/1枚

基本的にはジュナイパー対策です。

ジュナイパーは特性【みつりんめいさい】でGX・V・VMAXポケモンから一切ワザのダメージを受けません。

そうなると、こちらのデッキではダメージを与えられなくなってしまうので、ジュラルドンに頼らざるを得ない状況になります。

ジュラルドンはジュナイパーにダメージを通すことができるだけでなく、草タイプに抵抗力もあるので倒されにくいことも魅力です。

トレーナーズ

スタジアム

混沌のうねり/1枚

相手の使いたいスタジアムを貼らせないカード。

1枚なのは、基本的に相手より先に殴り勝つデッキを目指しているので、妨害にカード枠を割くよりも、速攻を実現できるカードを多く採用しておきたいからです。

グッズ

とにかく早い段階でのオルジェネを目指し、グッズを採用しています。

クイックボールは安定の4枚で、それに加えてプレシャスボールも3枚採用。

これで少しでも三神や、デデンネGX、レックウザGXにアクセスするために多めに採用しています。

デッキ内容的に、初手にバトル場にいるのが三神以外のポケモンになることも多いので、ポケモン入れ替えふうせんを採用。

2枚ずつなのは、手札をトラッシュし、新たにドローするカードが多いため、先にポケモンにつけれるふうせんは非常に便利で、ポケモンいれかえだと、トラッシュしてしまわなければいけない場面もあります。

万が一、スタートが三神以外でも、レックウザGX以外なら逃げるエネルギーが2個以内なので、すぐに交代することができます。

エネルギーつけかえは安定の4枚採用。

大きなおまもりは2枚採用で、オルジェネを撃ったあと、【アルティメットレイ】へできればつなげたい。

その時に三神が倒れないように少しでも耐久力を上げておきたい。

メタルソーサーも安定の4枚採用。

三神の早い段階でのオルジェネを実現できる可能性をエネルギーつけかえとのコンビで引き上げる。

山札から好きなエネルギーを持ってこれるエネルギースピナーも採用。

グレートキャッチャーは、最近では相手もデデンネGXで手札を充実させることが多く、オルジェネを追加効果ありで撃てた後はサイド三枚どりのターゲットとなり、サポート枠を使わずにバトル場に引っ張ってこれるため採用。

リセットスタンプも安定して強いため採用。

後だしハンマーは確実にもってくる手段はないものの、撃てれば大きいです。

残った枠は、ダート自転車に枠を割き、少しでも先2・後1オルジェネの成功率を上げている。

サポート

ボスの指令は多めの3枚採用。このデッキは早い段階でのオルジェネが成功できている前提なので、その後に無理して高HPのタッグチーム、VMAXを取りに行く必要はなく、低いGX・Vポケモンを2体とってしまえば勝てるので、相手の好きなポケモンを引きずり出せるカードは多めに採用されている。

マリィは1枚、博士の研究はそれぞれ1枚、3枚採用されている。

一気に手札をリフレッシュして、オルジェネのパーツを集めたいところです。

エネルギー

はがねエネルギーは8枚、水エネルギーは2枚採用。

オーロラエネルギーは2枚採用。

オーロラエネルギーは三神につければ手札のエネルギーをトラッシュし、レックウザで回収し、エネルギーつけかえで三神につけていくことができます!

不採用のカード

鋼鉄のフライパン

鋼鉄のフライパンは、耐久力を上げつつ、弱点もなくなる素晴らしいはがねタイプ専用のグッズです。

しかし、このデッキはとにかく早くオルジェネを成功させ、相手より先にサイドカードを取りきるのがコンセプトで、あまり弱点は気にしなくてもいい、という判断で採用していません。

三神がオルジェネの後、生き残り1体、後続のザシアンVで1体とれば勝てる状況も多いので、三神の耐久を上げることができる大きなおまもりを採用しています。

クチートGX

特性【みわくのウインク】で相手が手札に抱えたたねポケモンを無理やりベンチに出させて、ボスの指令などで刈り取ることができます。

さらに、環境トップクラスに躍り出たムゲンダイナVMAXデッキにも強く、【ハッスルバイト】は相手のベンチのポケモンの数×30ダメージを追加でき、ムゲンダイナVMAXの特性でベンチに8体並んでいる場合、オルジェネの効果込みで280ダメージにもなります。

タッグコール

このデッキには三神しかタッグチームがいないため不採用。

げんきのハチマキ

オルジェネ後のザシアンの火力がタッグチームに多い270ラインまで届くので採用もありかと思います。

ただ、今回は指令やグレートキャッチャーで倒せるポケモンを取ることに寄せているため、不採用にしました。

③三神ザシアンの動かし方

先攻・後攻ともに有利な展開に持っていけるデッキです。

ただ、重要なのは、三神を1ターン目に場に出したいです。

先攻ならとりあえずエネルギーを貼るところまでいきたいですし、後攻なら三神をすぐにバトル場に三神をだし、あらゆる方法で2枚のエネルギーを貼り、後1オルジェネをなんとか決めたい。

さらに先攻なら、三神、ザシアンVを場に展開したいです。

なぜなら、三神に水エネルギーを貼り、ベンチのザシアンVが特性【ふとうのつるぎ】でエベルギーを貼れる可能性があり、もし貼れれば次のターンでエネルギーつけかえで三神がオルジェネを決めれる可能性がぐっと広がります。

後攻1ターン目でも、二つの後1オルジェネを実現するルートが用意されています。

・エネルギーをトラッシュし、レックウザGXの特性でレックウザに貼る→エネルギーつけかえ→三神に貼る→オルジェネ

・はがねエネルギーをトラッシュし、ベンチにはがねポケモンを展開→三神に水エネルギー→ベンチのはがねポケモンにメタルソーサーではがねエネルギーをはる→エネルギーつけかえで三神にはがねエネルギーを補充→オルジェネ

どちらかというと、メタルソーサーのルートのほうが簡単なきがします。

そこに到達するためにドローできるカードは多く採用されているため、恐ろしいほど後1ターンにオルジェネを決めることができます。

オルジェネさえ決めてしまえば、だいぶ有利をとれるハズ。

ボスの指令や、グレートキャッチャーで早くサイドを取り切りましょう!!

④環境トップにいる理由

なぜこれほどまでに三神ザシアンが人気があり、しっかり成績を残しているのでしょうか。

それには納得の理由があります。

・速攻でオルジェネを決めやすく、サイドレースを有利に進めることができる

上記の通り、速攻でのオルジェネの成功率は脅威です。

使ってみればわかりますが、本当に決まります。

ただ、そこにたどり着くプロセスは複雑になることも多く、カードの使い方を間違えるとうまくいかないことがありますが。

・後続がアルティメットレイに頼らずとも育ちやすい

はがねタイプであるザシアンVと三神とのタッグは何が脅威かというと、メタルソーサーの存在により、三神の【アルティメットレイ】を使わずともベンチのザシアンVがメタルソーサーにより、エネルギー加速することができすぐに攻撃態勢に入ることができるという点です。

その他のタイプで三神とタッグを組むと、ほとんどの場合、三神の【アルティメットレイ】でエネルギー加速していくことになります。

なので、三神にオルジェネを撃たれた後の隙で三神を返しで倒れた場合は後続が育っていないことになりますし、アルティメットレイでエネルギー加速された後でも、その返しでその育てられたポケモンをバトル場に引きずり出し、倒せてしまえば、相手のアタッカーは180のダメージ固定の三神のみの状況をつくることができます。

そうなると、こちらがペースを握り返すことも難しくはありません。

しかし、この三神ザシアンというデッキは、ザシアンVの特性【ふとうのつるぎ】とメタルソーサーの存在のおかげで、どんどんアタッカーがでてくるので、隙がない、というのが最大の魅力であると私は思っています。

相手に隙を作らず、攻撃を続け、速攻でサイドを取れるデッキと言えます。

・勝ち筋を強引に通せば不利も覆せる!

例え、三神ザシアンが不利なデッキを相手にしても、素早くオルタージェネシスを決めてしまえば、一気に押し切って勝つこともできます!

それほどに速攻でのオルジェネは強いです!

・頼みの綱のVMAXポケモンも完封される可能性が!?

ザシアンVの最大火力は、オルジェネ後の260ダメージである場合が多く、VMAXポケモンであれば耐えれるラインではありますが、ザマゼンタVの特性【ふくつのたて】により完封される可能性があります。

攻撃性能だけでなく、実は器用なデッキでもあると思います。

⑤三神ザシアンへの対抗策

安定して勝つことを目指すなら、三神ザシアンを握るのが個人的にお勧めです。

しかし、前述したとおりとにく強いですが、三神ザシアンとは違うデッキを握るならしっかり対策は考えたいところ。

前提として、万が一、三神ザシアン側が後攻を取っていたなら、後1オルジェネという最悪の事態は覚悟して、プレイングの組み立てをしましょう。

まず、一番は後続がすぐ育ちやすい三神ザシアンであっても、オルジェネを撃たれた隙にベンチのザシアンVをまずは狩りたいところです。

三神は、オルジェネ後でも火力は180です。

Vポケモンであっても耐えることができる場合が多いです。

なので、まずはベンチのザシアンVを狩り、アルティメットレイでどんどん後続が育つ、という最悪の事態は避けたいです。

ただ、はがねタイプ以外の三神との組み合わせとは違い、ターンがかかればかかるほど、こちらの勝ちの芽はなくなってしまいます。

なので、オルジェネ後でも、アルティメットレイを撃った後にエネルギーのつけ先を狩っていけば、盛り返せることは少なく、ザシアン2体がたってしまうと、もうかなり厳しいです。

1ターン遅れてしまうと、割と早くザシアンVが2体目出てきてしまい、どうしてもサイドレースで負けてしまう状況に陥ってしまいます。

理想は三神が後1オルジェネを決めた直後に、ベンチのアタッカーは落としておきたいところです。

では先攻を取られた場合はどうでしょうか。

実は、こちらでもかなりの強さを発揮するのが三神ザシアンのいいところ。

ザシアンVさえ展開できれば、特性【ふとうのつるぎ】でドローできる&エネルギー加速もできますし、いろいろな手段でエネルギーを落とし、メタルソーサーなどで加速し、次の2ターン目ですぐに攻撃!という状況を割と高確率で作ってきます。

もし、ザシアンVが育った状態での後攻1ターン目は、まず前提として次のターンに230ダメージもとんでくる、ということを想定してオウレイしなければなりません。

ただ、三神がバトル場にいれば、エネルギー破壊により、【オルタージェネシス】は遅らせることができます。

ただ、ザシアンVが恐ろしいスピードで育ってくる場合もありますので、すぐにプランを切り替え、オルジェネなしで戦ってくることもあるので注意です。

私が三神ザシアンと戦うときは、とにかく相手の用意してくるアタッカーに即座に対応することを意識しています。

前述したとおり、相手より動き出すのが早いのが絶対条件だと思っていて、こちらのほうが早く仕掛けると、相手はおのずとこちらより後にアタッカーをあててくることになりますので、その当ててくるアタッカーをしっかり対処し、なおかつ、相手より早く倒しきることがカギになると思います。

三神ザシアンの場合、ほとんど三神が2体でてくることはないので必然的にサイドプランが3-2-2となりやすいことも魅力で、それでもこちらがサイドレースで勝たなくてはいけません。

相手のアタッカーをうまく倒していき、相手の攻撃を遅らせて先に取りきることを目指しています。

さらに、相手のアタッカー(ほとんどがザシアンVか三神)の攻撃をうまく耐えることも考えて、先に倒していくプランニングも必要です。

このデッキであれば、ザシアンVは260ダメージ、三神は180ダメージを出してくるのを念頭に置いて戦いましょう!

⑥最後に

とにかく強い三神ザシアンですが、ここに勝たないとCLなどで好成績を収めるのは難しいかと思います。

このタイプの三神ザシアンはまずシンプルにオルジェネを早い段階で撃てればかなり勝ちが見えてくるので、非常にシンプルに動かすことができるため、連戦を想定しても握りやすく、数が多くなることが予想されます。

そんな中でしっかり対策しておかないとCL完走が見えてこないと思うので、しっかり構築、プレイングで対策していきましょう!!

使ってみてよくわかる点もあると思うので、是非一度使ってみてくださいね!!

関連記事

コメント

  1. […] 決勝戦は、三神ザシアンということで、想定した相手がきたので、いけると思ったものの、ヤミラミスタートとなってしまい、少しプランが崩れてしまいました。 […]

  2. […] 三神ザシアンとの違いも同時にみていきましょう。 […]

  3. […] たねポケモンが主体のデッキタイプ、現環境では三神ザシアン、コンボザシアンに採用すると、非常に厄介になります。 […]

タイトルとURLをコピーしました