ポケモンカードにおいての〝練習〟の必要性とは?個人的に思うこと

コラム

こんにちは、irisです。

今回は、ポケモンカードを遊びではなく、競技と考えたうえで、個人的に思う練習の重要性を書きたいと思います。

私は、デッキ構築、プレイングの土台として、どれだけデッキを回したか?(練習)がかなり重要になっていると思います。

このデッキを回した回数が多くないと、最終的なデッキの仕上がりに左右しますし、プレイングにももちろん影響します。

なので、練習において、デッキをどれだけ回すか?は非常に重要です。

今練習させていただいているチームでも、時間がある限り対戦をし、意見交換などはあとにまとめて行っています。

デッキを回せば回すほど、いいことがすごく多いので、今回はそのいいこと、をまとめていきたいと思います。

※個人的な見解がおおいので、あしからず。

スポンサーリンク

①デッキを回せば最終的な構築が見えてくる!

わたしも、以前はうまくデッキ構築ができず、ほとんどを上位プレーヤーのレシピ通りに再現し、プレイしていました。

以前のチームに参加してからも、基本的にはチームでシェアしたデッキを使っていたのですが、使いながら数枚のカードをカスタマイズしていくうちに、デッキにおいての欲しいカード、いらないカードの判断ができるようになりました。

それは、デッキを何回も回し、いろいろな盤面を経験値として蓄えた結果かな、と思います。

そこから、一からデッキを組めるようになりました。

ただ、一つのデッキを組むために、何回も回すのは今も変わっていません。

わたしのデッキ構築の順番として、

・メインのカードを決める。

・メインのカードを最大限活かせるギミックを考えて、カードを選定していく。

・とにかく回していく

・最終的な構築に入る

・とにかく回す

・カードを微調整

というプロセスがあります。

中でも、やはりデッキを実際に回す、というのはかなり重要です。

実際にプレイしないと、本当のデッキのベストな構築は見つからないです。

特にどうしても初めはデッキにやりたいことを詰め込みすぎる傾向があります。

仲間の構築を見させていただいても、やはりギミックが入りすぎてデッキの枠を圧迫しているケースが多いような気がします。

まずはシンプルに作り、いろいろなデッキを相手にプレイし、本当にそのデッキにあったギミックを考えると、意外と採用カードの枠がスッキリすることがあります。

そのうえで、あとはピンポイントでの対策カードを入れたりしていくと、いいデッキが仕上がるとわたしは思っています。

さらに最終的に構築が終わった後も、さらに回していき、より熟成させていきます!

そうすることで、デッキの理解度が増し、よりいいプレイングが可能になると思っています!

何よりもデッキを回すこと。

これは本当に重要です!

②判断スピードが上がる

ポケモンカードのCLなど大型大会、各カードショップなどでのジムバトルは1試合の制限時間が設けられています。

25分~30分あたりでしょうか。

この30分で、実際プレーヤーが考えることのできる時間は限られています。

しかし、人間はそこまで多くのことを一度に考えることはできません。

そこで、日ごろの練習において、自分のデッキをたくさんのデッキを相手に回し、余計な判断を省き、判断速度を上げていかないといけません。

日ごろの練習で自分のデッキを理解し、ある程度の環境デッキへの動きを覚えておくことで、試合では確実に考えることが少なくなります。

考えることが少ないと、その分、より重要なゲームメイクを考える時間が増えます。

ジムバトルでも、初心者のかたは緊張もあると思いますが、まずこちらのデッキへの対処方法から考えていますが、対処の仕方はこちらの動きにも依存するので、柔軟に対応していかなくてはいけません。

しかし、相手のデッキタイプを判断できていないと、まず「どういうカードが入っているか?」「どういう動きをするのか?」など、いろいろ考え、さらに、「じゃあ自分はこうしよう」というような考察をしなければいけません。

しかし、これではわたしは確実にキャパオーバーです。

練習を積んでいると、相手のデッキを見た瞬間にある程度のデッキ内容の予測をし、勝ち筋が多数浮かび、ほんの少しのズレも、しっかり考えて修正することができます。

知らないデッキと当たっても、自分のデッキへの理解度が高ければ、ベストの動きを選択して戦うことが可能です。

練習をしているのとしていないのとでは、考える量がケタ違いになると、わたしは思っています。

考える量を、極力減らし、より繊細な部分を考えることができると、一方的に負けることはなくなってきます。

小さい勝ち筋を逃したり、詰んでしまうような重大なプレイミスをするといったことが、余裕をもって考えることで少なくできると考えています。

③チームで練習をする意味

私的には、大きな成績を残したいなら、チームに所属することをおすすめします。

チームで練習することには多くのメリットが存在しています。

・練習相手に困らない

これは、一番重要です。

最近ではSNSの普及もあり、簡単に対戦相手は見つかります。

しかし、質のいい練習ができるか、は私は疑問に思っています。

まず、お互いの練習意図の把握ができないこと。

事前に打ち合わせをするのならいいかと思いますが、わたしは特に人見知りなので・・・。

チームであれば、ある程度気ごころが知れた仲間で練習できるので、細かい注文も付けやすいです。

・モチベーションを保てる

チーム全体が活気にあふれていると、練習への意欲が上がります。

毎回対戦相手を探して練習すると、時には性格の合わない人もいるので、わたしはモチベーションを保てません。

ただ、チームによっては横暴なかたがリーダーだったりするところもあるので、しっかり選んだほうがいいです。

・データを共有できる

これはかなり大きな部分ですが、データを共有できるのはすごく魅力的です。

「最近の流行のデッキ」や、「最近の流行のギミック」などの情報をチームで共有できると、各自のデッキ構築に活きてきます。

一人でデータを集めるより、多くのメンバーでデータを共有できるチームは、データ量が全然違ってきます。

さらに、一人一人が異なったデッキでジムバトルなどに参加すると、その分たくさんのデッキデータが集まります。

情報はチームの武器です!

活用しない手はないでしょう。

※チームでデッキをシェアするメリット※

現在、わたしの所属するチームでは、デッキをシェアする方向で話を進めています。

というのも、短期間で結果を出すためには非常に近道であると思っています。

一つのデッキをチームでシェアすれば、そのデッキの情報量を集める速度が極端に上がります。

普段の練習でも6人いれば、3人が環境デッキ、3人がチームデッキを使い対戦すると、一気にチームデッキの環境デッキにおいての動き方が3つのデッキタイプ分、データを集めることができます。

前述で、デッキをどれだけ回したか?は非常に重要である、と書きましたが、これを一気に複数の人間でやってしまうのです。

こうすることで、よりデッキが洗練され、メンバーのプレイングを底上げすることができます。

ただ、一つのデッキをシェアすることはデメリットもあります。

個性が消えます。

なので、おすすめは、チームで一つ、デッキタイプを決め、ある程度の枠を自由に決めるやり方です。

そのほうが、よりいろいろなデッキタイプを考察でき、よりベストなデッキを組める、と思います。

④最後に

完全に個人の意見でしたが、いかがだったでしょうか。

カードゲームは一見、運の要素も大きいように思えますが、実はプレイングや情報量もすごく大事です。

これは練習をどれだけやったか、が左右してきます。

練習は裏切りません。

楽しく練習して、好成績をめざしましょう♪

関連記事

コメント

  1. […] ポケモンカードにおいての〝練習〟の必要性とは?個人的に思うこと 【初心者様向け】ドローサポートの選び方!私が初心者のかたにシロナを推す理由 […]

タイトルとURLをコピーしました