意地でも相手のVポケモンをシャットアウト!!ザルードジュナイパーデッキ

デッキレシピ

こんにちは、mintoと申します。

普段から草タイプのデッキを組んでいます。

今回は、強化拡張パック「伝説の鼓動」で登場したザルードVを使ってみたくて、デッキを作ってみました。

ザルードがメインになる予定でしたが、好きなポケモンであるジュナイパーがメインとなってしまいました(汗)

今回が初投稿なので、がんばりたいと思います!

スポンサーリンク

①コンセプト

毎回、新弾が出るたびに草タイプのデッキを考えるほど草タイプ信者なのですが、今回の強化拡張パック「伝説の鼓動」では、やはりザルードVに目がいきました。

それまでは、アルセウス&ディアルガ&パルキアGXと組み合わせる【三神ジュナイパー】を使っていました。

そこで、ザルードと三神を入れ替えて運営したところ、結構動きがよかったです。

ザルードでエネ加速をしながら、ジュナイパーが複数体立てると、相手が詰むパターンが多くありました。

やはり現環境では、V・VMAX・GXポケモンは非常に多く採用されています。

デッキには数枚ジュナイパー対策で非GX・Vポケモンが搭載されていることがありますが、そこさえ落としてしまえれば、基本的にこちらが勝てます。

なので、ジュナイパーは複数立てやすいように、枚数は多めにしてあります。

ただ、ザルード、ジュナイパーでは火力がどうしてもでない、という問題点があり、サイドカードを取り切れず、時間切れということが多々ありました。

そこをケアするカードも採用してあります。

②採用カード

ポケモン

ザルードV/2枚

今回のジュナイパーの相棒。

火力はでないものの、【ジャングルライズ】でエネルギー加速ができるため、ジュナイパーがたてば、すぐに攻撃準備に入ることができます。

さらに、回復することもできるので、ダメカンをばら撒いてくるデッキ(主にドラパルトVMAX)あたりもケアすることができます。

地味に逃げるためのエネルギーが1枚という点も強く、エネルギー加速のために【ジャングルライズ】を撃った後、ベンチのポケモンと交代しやすいです。

モクロー・フクスロー・ジュナイパー/4-2-4枚

大好きなジュナイパー。

特性【みつりんめいさい】が強すぎます。

相手のGX・Vポケモンを完全にシャットアウトできるので、個人的に非常に強いと思っています。

進化さえすれば、相手の攻撃を抑えられることも多いので、とにかく早く進化させたいですね。

ワザ【スプリットアロー】もなかなか優秀で、ダメカンをばら撒いていくことができます。

ただ、火力はやはり少し低いのが難点です。

モクローはHP60のモクローを選びましょう。

ドラパルトVMAXの対策です。

エンテイ/1枚

このデッキにとって、草タイプに抵抗力のあるはがねタイプは天敵です。

ダメージがマイナス30にもなれば、確定数がすごく大きくなってしまい、倒しきれない場面があります。

相手のはがねポケモンがGX・Vポケモンであれば、ジュナイパーはダメージは受けませんが、倒しきれないと勝つこともできません。

そこで、弱点をつけば240もの火力をだせるエンテイを採用しました。

240もの火力をだすために条件として前のターンにこちらのポケモンが倒されていないといけませんが、そこさえ満たせれば、ザシアンVを一撃で持っていくことは可能になります。

基本的に、炎エネルギー1枚とカウンターゲインで動かしたいので、相手のデッキがはがねタイプであれば、エンテイのためにカウンターゲインは温存します。

ユニットエネルギーが、草タイプと共有できるので、その点も使いやすくて採用しています!

ジラーチ/3枚

欲しいトレーナーズが多いので、ジラーチを採用しています。

特性【ねがいぼし】でふしぎなアメやターフスタジアムを探しにいきます。

フェローチェ&マッシブーンGX/1枚

サイドを取りきるために採用しています。

前述しているとおり、このデッキは火力が低く、サイドカードを取り切れない場面が多くあります。

そこで、フェローチェ&マッシブーンGXのGXワザ【ビーストゲーム】でサイドを取りきる、というプランを取りたいので採用しました。

ジュナイパーであらかじめビーストゲームの確定ラインにはいるようにダメージを調整することができるので、最後に締めで使いやすいです。

ビーストエネルギーが貼れれば、火力は80になるので、相手のHPの低いポケモンを【ビーストゲーム】で倒すことができれば、サイドを2枚取れるのはなかなか大きいです。

余裕があれば、ザルードからエネルギー加速をして、【エレガントソール】を狙うこともできます。

クロバットV/1枚

ドロー特性が便利なので採用。

本当はデデンネGXを採用したいのですが、トラッシュできないカードが多いので、トラッシュすることなくドローできるクロバットを採用しました。

トレーナーズ

スタジアム

ターフスタジアム/2枚

草タイプの進化ポケモンを持ってこれる便利なスタジアム。

ジュナイパーを持ってきて進化速度を速めます。

グッズ

クイックボールは安定の4投です。

草タイプには便利なネットボールもあるので、たねポケモンを引っ張ってくるのにはあまりこまりません。

ネットボールは優秀で、草エネルギーも持ってこれるので、ザルードVでエネルギー加速する分のエネルギーを持ってきたりもできます。

なぜ特殊エネルギーはダメなんだ・・・。

リセットスタンプも入れておくと便利なので1枚投入しています。

ツールスクラッパーは、主に天敵のはがねタイプに鋼鉄のフライパンがついていると、弱点がなくなり、エンテイでも突破することが困難になるため、採用しています。

他にはジラーチ用のエスケープボード、今回採用しているポケモンたちは逃げるエネルギー2個以下であるため、ふうせんも採用しています。

ポケモンいれかえも2枚採用。

エンテイの要求エネルギーを減らして速攻できるようにカウンターゲインも採用。

ジュナイパーにも使います。

大きなおまもりは、御守りとして採用しています・・・。

サポート

ドローソースとして、シロナマリィを採用。

博士の研究は捨てることができないカードが多いため、不採用。

グズマ&ハラは、ターフスタジアムを持ってこれるため採用。

今回のデッキには、特殊エネルギー、ポケモンの道具も多めに採用されているので、いろいろ展開によって持ってこれます。

フェロマッシやエンテイ用の特殊エネルギーも簡単に持ってこれるので、重宝します!(2枚でもいい!!)

ボスの指令は入れておいて損はないので2枚採用しています!

エネルギー

ユニットエネルギービーストエネルギーはそれぞれエンテイ、フェロマッシ用です。

オーロラエネルギーでもいいとは思ったのですが、手札に切ることのできないカードを握っている場面が多く感じたので、ユニットエネルギーにしています。

問題はありません。

他に、クワガノンなどで見られる催眠戦術に対抗するためにアロマ草エネルギーも2枚採用しています。

ねむりで勝つという甘えは許しません!!(笑)

今回は不採用のカード

しんかのおこう

ジュナイパーを持ってきやすいですが、何回か回していると、ターフスタジアムで十分だと感じたため、抜きました。

入れてもいいかもしれません。

ターフスタジアムは、混沌のうねりで貼れなくなったりするので、しんかのおこうのほうが安定するかもしれません。

ライフフォレスト♢

草ポケモンであれば60ものHPを回復できるスタジアム。

今回のデッキは回復して戦う動きは少ないですし、ザルードVの【ジャングルライズ】で回復も狙えるので不採用です。

③動き方

基本的な動き方としては、とにかくザルードVを序盤に展開し、エネルギー加速をして、終盤はジュナイパーのみの盤面にしていきたいです。

理想のスタートはやはりジラーチザルードVです。

ジラーチの【ねがいぼし】の特性でたねポケモンにアクセスするグッズを引っ張り、モクローを準備していきます。

そして、ザルードにエネルギーを貼り、【ジャングルライズ】の準備をします。

あとはザルードで攻撃しながら後ろのモクローをジュナイパーに進化させていき、ジュナイパーを複数立てていきます。

相手がGX・Vポケモンで戦うデッキであれば、終盤のこちらの盤面はジュナイパー2体にすれば、ほぼ詰ませることが可能になります。

ザルードは基本的に序盤に出なかったら、無理をして立てる必要はありません。

そう、これはジュナイパーデッキです(笑)

ただ、相手が非GX・Vポケモンで構成されているデッキである場合、ザルードVで回復しながら戦うことも可能ですし、ダメカンをばら撒かれた時も、回復できればジュナイパーへの確定数をずらすこともできるので、その点は優秀です!!

④デッキ別立ち回り

三神ザシアン

個人的に環境に多いイメージのあるデッキタイプ。

アルセウス&ディアルガ&パルキアGXザシアンVのコンビネーションはとても強力ですし、メインのアタッカーであるザシアンVは草に抵抗力を持っていて、すごう厄介です。

ただ、ジュナイパーがたってしまえば、三神とザシアンVの攻撃は防ぐことができます。

デッキレシピをあさっていると、このデッキタイプには非GX・Vのポケモンが1体採用されているケースが多く、そのほとんどがジュラルドンです。

このジュラルドンを倒してしまえれば、基本的にトラッシュからポケモンを回収するカードは入っていないことが多そうなので、ジュナイパーでなんとかなります。

注意しないといけないのは、三神の【オルタージェネシスGX】が決まってしまったあとは、恐ろしいほどサイドを取られるスピードが上がるのと、地味に+30ダメージが痛く、ジュラルドンの攻撃でこちらのジュナイパーが確定1発ラインに入ってしまいます。

ずらせるように、大きなおまもりは入っていますので、この場合はジュナイパーにつけたいです。

エンテイで相手のザシアンVの弱点を突ければ、ザシアンVを1体一発で倒すことも可能なので、うまく使いたいところ。

なんとかジュナイパーを複数立てても、時間内で終わらせるのは難しいので、終盤のエンテイ、フェロマッシの活躍の場面もありそうです。

ムゲンダイナ

このデッキタイプも非常に多く、対策は必須のようなきがします。

このデッキタイプには、フーパが非GX・Vのポケモンで採用されていることが多いです。

このフーパさえなんとかすれば、有利に戦えそうです。

フーパは打点が90のポケモンでありますが、ムゲンダイナのデッキタイプには特性【かんしゃくヘッド】のガラルジグザグマが採用されていることが多いため、確定数をずらしてくることがあるので、そこは気を付けたいです。

炎マンダ

ボーマンダVMAXが溶接工で炎エネルギー加速して動いてくるデッキですが、サブで入っているボルケニオンが非常につらいです。

ザルードVですら1発圏内に入ってしまい、ボルケニオンが並んでしまうとどうしようもないです。

ウィークガードエネルギーの採用も検討したほうがいいかもしれません。

草タイプの宿命です・・・。

コズガ

無理です笑。

⑤まとめ

いかがだったでしょうか?

草タイプを愛するわたしとしては、満足しているのですが笑。

使ってみて思ったことは、炎タイプ全般に非常に弱いことです。

どうしてもサブでボルケニオンが採用されることが多く、このボルケニオンにやられてしまいます。

ただ、このデッキの面白いところは、サブのポケモンを倒してしまい、相手の盤面がGX・Vのポケモンだけになった瞬間、一気に有利になります。

いくら炎タイプであっても、です。

なので、このデッキは、サブで採用されている非GX・Vのポケモンさえどうにかすれば、勝ちが見いだせるデッキになります。

ただ、そもそも非GX・Vで構成されているデッキタイプには意味がないですが・・・。

課題は、やはり弱点の克服でウィークガードエネルギーを採用するのもありな気がします。

それでも、ジュナイパーの特性はすごく強いものですし、意外とザルードVでエネルギーを加速してスピードアップできるのは強かったので、是非試してみてください!!

いつか草タイプの環境になりますように☆彡

タイトルとURLをコピーしました