僕のジラサンとの思い出~前編~

コラム

強化拡張パック「ダークオーダー」で登場し、それ以来数々のプレーヤーに愛されてきたジラーチサンダーの構築、通称ジラサン。

今回は、僕とジラサンの思い出を書いてみようかと思います。

もうすぐ、Bマークがスタン落ちするのでは?と騒がれていますが、もしそうなった場合、ジラーチ&サンダーがともにスタン落ちしてしまいます。

今までお世話になったジラサンとの思いでよ、永遠に。

スポンサーリンク

①ジラサンとの出会い

僕がポケカに復帰したのが、久々に友達と500円スターターでやってみようか、という話になった時でした。

初めは、時間つぶしというか、懐かしいな、ちょっとだけやってみようかな?という軽い気持ちでしたが、いざお店に行ってみると、その時はちょうどポケカブーム真っただ中。

買うことすらできず、二人ともあきらめてしまいました。

しかし、僕がたまたま一人で買い物に行ったときに、500円デッキのライチュウを発見!

とりあえず、といった気持ちで購入したのが、僕の復帰したキッカケです。

その数日後、ダークオーダーが発売するという情報を聞きつけましたが、僕の中ではまだ火がついておらず、「どうせ買えないんでしょ?」という気持ちもあり、全然気にしていませんでした。

さらに、一度知らない人ともやりたいな、と思い、500円のライチュウデッキをもってポケセンに行きましたが、ガチデッキといい勝負ができるはずもなく完敗で、正直あきてしまいかけました。

強化したくてもできない、という環境もあり、デッキは放置状態に。

そんな中、ついにダークオーダーの発売日。

一応発売日は知っていたので、買い物ついでに覗いてみると、10パックという購入制限はあるものの、在庫が!!

500円デッキを改造する楽しさを味わってみたくて、とりあえず10パック購入。

早速家に帰って開封すると、GXはいいのがでなかったものの、ジラーチ&サンダーを2枚ずつGET!

ただ、当時は「これは使いにくいな」と思って、エレキパワーくらいしか改造できるの入ってないなって思って、500円ライチュウデッキにエレキパワーを突っ込んで終了。

しかし!

YouTubeの動画でジラサンの活躍を拝見し、「こう使うのか!」と衝撃を受けました!

ジラーチの特性【ねがいぼし】でほしいトレーナーズをサーチしつつ、サンダーに交代してサンダーが【アサルトサンダー】で相手に攻撃していくという、お互いの良さを前面に押し出した構築に、ワクワクしたのを覚えています。

早速、ジラーチ&サンダー2枚ずつライチュウデッキにぶち込みました。

ただ、エスケープボードはなかったので、ポケモンいれかえで代用でしたけれど。

それでも、ジラサンもどきのデッキでも楽しさがわかって、もっとジラサンの形に持っていきたい、と思うようになりました。

ダークオーダー初買いでサンダー&ジラーチが2枚ずつ出てくれたこと。

これは僕の中で、明らかにポケカにハマるキッカケとなった出来事でした。

そこから、僕とジラサンの旅が始まります。

②強運にも助けられ、どんどん強化!

初めはあまりジラサンに必要なカードをもっておらず、代用カードで調整していきました。

持っているカードだけでデッキを強化する、これもカードゲームの醍醐味だと思っていて、カードが増えていき、デッキが強化されると、RPGでいう【レベル上げ】のような達成感を得ることができますね。

初めてのジラサンは、ジラーチ&サンダー以外に、ライチュウデッキから採用のライチュウGXやレントラーが入っている普通では考えることのできないデッキでしたが、ポケカが再販すると、その都度購入。

かなり運のいい引きで、エスケープボードサンダーマウンテンカプ・コケコGXなどを引き当てることができ、どんどん強化していきました。

毎週土日の仕事の合間に友達と、強化したジラサンで遊ぶのが恒例となり、どんどんジラサンが強くなっていくのを実感すると、非常に嬉しかったです!

ジラサンは、かなりの多様性があり、様々なカードを採用できるのも、僕の性格上相性がよかったです。

「今回はこれを使ってみようかな」って感じでいろいろ試してみるのも面白く、失敗もありましたが、初めからポケカの面白さを存分に味わえる構築だと思いました!

③タッグチームGX到来!!

ジラサンばかり使い続けていた結果、かなり勝てるようになってきて、友達も増やしたい、との思いでジムバトルに参加し始めました。

かなり緊張したものの、使い慣れたデッキはプレッシャーの中でもうまく回すことができ、いい勝率を残すことができました。

友達との戦いで、当時流行っていたゾロアークGX系統、ウルトラネクロズマGX系統など、当時の強デッキに対し、対策が自分の中でできており、実際その対策どおりのプレイができると勝っても負けても楽しかったです!

ジラサンはいろいろなギミックを入れることが可能なので、対策カードも入れやすく、非常に楽しかったです。

そんな中、拡張パック「タッグボルト」が発売となり、タッグチームGXの時代が到来します。

サンダーと同じ雷タイプでは、ピカチュウ&ゼクロムGXが登場し、ジムバトルでもチラホラ見かけるようになりました。

純粋にタッグチームGX相手では、サンダーの火力で大丈夫なのか?と思いながらも、サブのアタッカーであるカプ・コケコGXなどでうまく対応したり、新環境でもジラサンは健在でした。

闘タイプのマッシブーンでピカゼクに対応したりと、器用な構築ができるのはやっぱり魅力でした!

新しい拡張パックが発売される度に、デッキの内容を変えて対応する。

そんな楽しみを味合わせてくれる構築でもあるジラサン。

後半では、さらに逆境となってゆく環境の中、さらにカタチを変え、様々なタッグチームに立ち向かっていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました