ポケカ新環境についての考察

コラム

こんにちは、P鱈と申します。

ルール・レギュレーションの変更、そして「ソード&シールド」が加わってから1か月が過ぎました。

激動の1か月、今回は新環境で変わったと思ったことまとめてみようと思います。

その辺のカードショップに湧いてそうな、一ポケカプレイヤーとしての考察なのでおかしなことを言ってる可能性も大いにあります。

色々な方が書かれた記事とかと比較しながら参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

カプ・テテフGXの消失と新ルール

前環境では初ターンからカプ・テテフGXで使いたいサポート(リーリエとかカキ、ウツギ博士のレクチャーなど)を安定して使う動きがとても強力でしたが、カプ・テテフGXのスタン落ちで初ターンに使いたいサポートが使いにくくなりました。

それどころか先攻の初ターンはサポート使えなくなるルール変更がありました

前環境では後攻は一部のデッキを除き選ぶメリットはあまりありませんでしたが初ターンにサポートを使える方が有利と考えるプレイヤーも増え、後攻1ターン目にサポートとワザによる展開(モクナシやウッウVなど)するデッキも見かけるようになりました。

しかしながら展開さえできれば先攻有利なのは変わらないことから、先攻時の動きを円滑にするためにジラーチ、デデンネGXを採用したデッキが主流なのかなと思います。

特に特性でドロー&エネ加速でき、高火力アタッカーのザシアンVを軸にしたデッキは非常に強力です。

ドローソース要員としてザシアンVを採用するケースもあるようです。

先にエネルギーが貼れることと進化できる優位性を考えると先攻有利は変わらないと思いますが、サポートなしで展開できるようにデッキ構築しておかないと何もできずに相手にターンを返してしまうことになります。

どこ行ったんだよグズマ!

プ・テテフGXのスタン落ちともう一つ環境に影響を与えるスタン落ちといえばやはりグズマのスタン落ちでしょう。

グズマのおかげで勝った、グズマ引かれて負けた前環境ではこういった場面は日常茶飯事だったのではないでしょうか?

グズマのスタン落ちで以前よりはベンチが安全になったといえるでしょう。

しかしながら、後述しますが以前よりはベンチを引っ張られやすくなったと思います。

現時点でベンチを引っ張ってくるカードを紹介すると

・ポケモンキャッチャー (グッズ)

・ カスタムキャッチャー(グッズ)

・グレートキャッチャー(グッズ)

・キュウコン(ポケモン)

・フシギバナ&ツタージャGX(ポケモン)

このあたりでしょうかキュウコンとフシギバナ&ツタージャGXはデッキを選ぶので紹介を割愛しますがどのデッキにも入れやすい上記3つのグッズを紹介すると、

メリットとしては1枚でも機能し、4枚デッキに入れれば4回使用できること

デメリットはコイントスゆえの確実性のなさ

メリットはドローソースとして使え、確実にベンチから引っ張ってこれること

デメリットは2回までしか使えず、2枚同時に使う必要があるため手札にキープする必要があること

メリットは確実に引っ張ってこれること

デメリットは手札2枚のコストがいり、GX・EXのみしか対応していないこと

どれも一長一短ですがポケモンキャッチャーかカスタムキャッチャー4枚に、

グレートキャッチャー1~2枚入ってる構築が多い気がします。

個人的には確実性のあるカスタムキャッチャーのほうがゲームを決めやすいのでうまく2枚揃えやすい構築が強いのかなと思います。

それで以前より引っ張られやすくなったと思う理由ですが博士の研究の登場とデデンネGXの採用率が増えたため、これらのカードを使ってキャッチャー系のカードをトラッシュするぐらいなら妨害目的で使い切るからです。

グズマと違ってサポート権を使わないですしね。

進化ポケモンメインデッキは逆風?

なぜか?

個人的には一番きついなと思った環境の変化だと思ってるそれは

ハイパーボールのスタン落ちです

ネストボールの代わりになるクイックボールは登場し、たねポケモンはサーチする手段はありますが進化ポケモンをサーチしにくくなったと思います。

以前のレギュレーションのだとハイパーボール4枚ネストボール2~4枚の構築が多かったと思いますが、クイックをネストの代わりと考えると現時点ではハイパーの代わりにあたるカードがないと思います。

しんかのおこうがあるだろ、と思われるかもしれませんが意外と使いにくいものだったりします。

進化デッキにおいて進化元のポケモンを早い段階で場に出すことが重要です。

場にたねポケモンがなければハイパーならサーチできますが、しんかのおこうは手札で腐ってしまいます。

クイックボール4、ポケモン通信2、しんかのおこうorスーパーボール2といった具合の構築が見られますが、やはりハイパーボールがあった頃に比べると展開しにくくなったと思います。

さらに追い打ちをかけるようにカプ・テテフGXからのウツギ博士のレクチャーといった動きもできなくなったので泣きっ面に蜂ですね。

幸い、ミステリートレジャーに対応してるデッキは影響少なそうです。

ただでさえたねポケモン有利な環境なので進化ポケモンに有利なカードを出して欲しいですね。

スタン落ちした特殊エネルギー

まあ環境に影響しそうなスタン落ちした特殊エネルギーは何か?って聞かれれば

ダブル無色エネルギーと答えるでしょう。(あとカウンターエネルギー)

ダブル無色エネは落ちないだろうと大方の人は予想してましたが、(私もそうです)

スタン落ちしてしまいました。

現環境で影響が出てそうなのはルカリオ&メルメタルGXとかミュウツー&ミュウGXでしょうか?(他にも色々ありそうですが・・・)

ルカリオ&メルメタルは後攻1ターン目フルメタルウォール、

ミュウツー&ミュウは後攻1ターン目ターボストライクとか

グズマ&ハラのおかげで成功しやすくなった矢先でしたね

メルカリはメタルソーサーで対応、ミュウミュウは炎、超、水あたりの構築でエネ加速するタイプになってきそうです。

混沌のうねりとマーシャドー

スタジアムのタイプは大きく分けて、自分の展開をアシストするのと相手を妨害する二種類になると思います。

アシスト系のスタジアムとのシナジーのないデッキは無人発電所か混沌のうねりを搭載する感じでしたが、Vポケモンの参入にテテフGX、ゾロアークGX、ルガルガンGXなどのスタン落ちで無人発電所の採用が減ったと思います。

逆にサンダーマウンテンやヒートファクトリー、巨大なカマドあたりを使わせないために混沌のうねりの採用が増えたように感じます。

ピカゼクのサンダーマウンテンなどスタジアムに依存度の高いデッキほどリセットホールのマーシャドーを混沌のうねり対策に必ず採用していますね。

混沌のうねりの増加と無人発電所の減少ミュウツー&ミュウのパーフェクションが使いやすくなっていますね。(シャドーボックスのミミッキュという別問題が発生していますが)

それとフィールドブロアーのスタン落ちに伴いポケモンのどうぐは貼ったもん勝ち状況からフラダリラボが注目されてるみたいです。(採用するかはさておき)

特殊勝利デッキは運次第?

サイドを取らずに特殊勝利するデッキといえばハンドデッキやLOデッキが有名ですが現環境では難しくなるかもしれません。

理由はグラジオとロトム図鑑のスタン落ちです。

現在のレギュレーションでサイドに干渉できるカードはバリヤード、テッカグヤGX、アーゴヨンGXぐらいでサイド落ちをケアしにくいことからサイドを取らない特殊勝利デッキは減少するんじゃないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました